技術情報

INIファイル
[ ]で囲まれたセクションとそこに含まれる複数のエントリで構成されます。
セミコロン( ; )以降は行末までコメントとして扱われます。

[ CONFIG ]
エントリ 初期値 説明
Model 60 機種
 60:PC-6001
 61:PC-6001A
 62:PC-6001mkU
 66:PC-6601
 64:PC-6001mkUSR
 68:PC-6601SR
OverClock 100 オーバークロック率 (1-1000)%
CheckCRC Yes CRCチェック Yes:有効 No:無効
[ CMT ]
エントリ 初期値 説明
TurboTAPE Yes Turbo TAPE Yes:有効 No:無効
BoostUp No BoostUp Yes:有効 No:無効
MaxBoost60 7 BoostUp 最大倍率(N60モード)
MaxBoost62 5 BoostUp 最大倍率(N60m/N66モード)
StopBit 3 ストップビット数 (2-10)bit
[ FDD ]
エントリ 初期値 説明
FDDrive 0 ドライブ数 (0-2)
FDDWait Yes アクセスウェイト Yes:有効 No:無効
[ DISPLAY ]
エントリ 初期値 説明
Mode4Color 1 MODE4カラーモード
 0:モノクロ
 1:赤/青
 2:青/赤
 3:ピンク/緑
 4:緑/ピンク
WindowZoom 200 ウィンドウ表示倍率(%)
FrameSkip 0 フレームスキップ
ScanLine Yes スキャンライン Yes:あり No:なし
ScanLineBr 75 スキャンライン輝度 (0-100)%
DispNTSC Yes 4:3表示 Yes:有効 No:無効
Filtering Yes フィルタリング
 Yes:アンチエイリアシング
 No:ニアレストネイバー
FullScreen No フルスクリーンモード Yes:有効 No:無効
DispStatus Yes ステータスバー Yes:表示 No:非表示
[ MOVIE ]
エントリ 初期値 説明
AviBpp 24 ビデオキャプチャ色深度 (16,24,32)bit
AviZoom 100 ビデオキャプチャ時ウィンドウ表示倍率(%)
AviFrameSkip 1 ビデオキャプチャ時フレームスキップ
AviScanLine No ビデオキャプチャ時スキャンライン Yes:あり No:なし
AviScanLineBr 75 ビデオキャプチャ時スキャンライン輝度 (0-100)%
AviDispNTSC Yes ビデオキャプチャ時4:3表示 Yes:有効 No:無効
AviFiltering Yes ビデオキャプチャ時フィルタリング
 Yes:アンチエイリアシング
 No:ニアレストネイバー
[ SOUND ]
エントリ 初期値 説明
SampleRate 44100 サンプリングレート
 (44100/22050/11025)Hz
SoundBuffer 1 サウンドバッファサイズ
MasterVolume 70 マスター音量 (0-100)
PsgVolume 60 PSG音量 (0-100)
PsgLPF 0 PSG LPFカットオフ周波数(0で無効)
VoiceVolume 100 音声合成音量 (0-100)
TapeVolume 10 TAPEモニタ音量 (0-100)
TapeLPF 1540 TAPE LPFカットオフ周波数(0で無効)
[ FILES ]
エントリ 初期値 説明
ExtRom 拡張ROMファイル名
tape TAPE(LODE)ファイル名
 (起動時に自動マウント)
save tape\_csave.p6t TAPE(SAVE)ファイル名
 (SAVE時に自動マウント)
disk1 DISK1ファイル名
 (起動時に自動マウント)
disk2 DISK2ファイル名
 (起動時に自動マウント)
printer printer.txt プリンタ出力ファイル名
[ PATH ]
エントリ 初期値 説明
RomPath rom ROMイメージ格納パス
TapePath tape TAPEイメージ格納パス
DiskPath disk DISKイメージ格納パス
ExtRomPath extrom 拡張ROMイメージ格納パス
ImgPath img スナップショット格納パス
WavePath wave WAVEファイル格納パス
FontPath font FONTファイル格納パス
DokoPath doko どこでもSAVE格納パス
[ CHECK ]
エントリ 初期値 説明
CkDokoLoad Yes どこでもLOAD(SLOT)実行時確認
 Yes:する No:しない
CkQuit No 終了時確認 Yes:する No:しない
SaveQuit Yes 終了時INIファイルを保存
 Yes:する No:しない
[ OPTION ]
エントリ 初期値 説明
ExCartridge 0 拡張カートリッジ 0:なし
[ COLOR ]
表示色を定義します。
RRGGBB の6桁で表し RR,GG,BB はそれぞれ2桁の16進数です。
エントリ 初期値 説明
COL0001E1E1EMODE1,2 黒(ボーダー)
COL00132EE0FMODE1 Set1 緑
COL002046A04MODE1 Set1 深緑
COL003FC6423MODE1 Set2 橙
COL004B40604MODE1 Set2 深橙
COL00532EE0FMODE2/3 緑
COL006EAE004MODE2/3 黄
COL007440AF4MODE2/3 青
COL008E2060CMODE2/3 赤
COL009D6D0F6MODE2/3 白
COL01034BAECMODE2/3 シアン
COL011F40AF4MODE2/3 マゼンタ
COL012FC5A04MODE2/3 橙
COL013046A04MODE4 Set1 深緑
COL01453F237MODE4 Set1 緑
COL0151E1E1EMODE4 Set2 黒
COL016E0FFD0MODE4 Set2 白
COL01792520DMODE4 Set1 にじみ 赤
COL0181CCA79MODE4 Set1 にじみ 青
COL019783C5FMODE4 Set1 にじみ 桃
COL02050BE50MODE4 Set1 にじみ 緑
COL02151C00EMODE4 Set1 にじみ 明赤
COL022458209MODE4 Set1 にじみ 暗赤
COL02315DD2FMODE4 Set1 にじみ 明青
COL0240E9C32MODE4 Set1 にじみ 暗青
COL02571D20FMODE4 Set1 にじみ 明桃
COL026348426MODE4 Set1 にじみ 暗桃
COL02746C83CMODE4 Set1 にじみ 明緑
COL02804912FMODE4 Set1 にじみ 暗緑
COL029FF3000MODE4 Set2 にじみ 赤
COL03026C9FFMODE4 Set2 にじみ 青
COL031FF00ECMODE4 Set2 にじみ 桃
COL03226FF5CMODE4 Set2 にじみ 緑
COL033FF8C40MODE4 Set2 にじみ 明赤
COL034962D00MODE4 Set2 にじみ 暗赤
COL03577CFFFMODE4 Set2 にじみ 明青
COL0361E5096MODE4 Set2 にじみ 暗青
COL037FF4083MODE4 Set2 にじみ 明桃
COL038970069MODE4 Set2 にじみ 暗桃
COL03977FFA7MODE4 Set2 にじみ 明緑
COL0401E9764MODE4 Set2 にじみ 暗緑
COL041141414RGB 透明(黒)
COL042FFAC00RGB 橙
COL04300FFACRGB 青緑
COL044ACFF00RGB 黄緑
COL045AC00FFRGB 青紫
COL046FF00ACRGB 赤紫
COL04700ACFFRGB 空色
COL048ACACACRGB 灰色
COL049141414RGB 黒
COL050FF0000RGB 赤
COL05100FF00RGB 緑
COL052FFFF00RGB 黄
COL0530000FFRGB 青
COL054FF00FFRGB マゼンタ
COL05500FFFFRGB シアン
COL056FFFFFFRGB 白
[ KEY ]
キー配置を定義します。
K_xxx はPCのキーコード,K6_xxx は対応するP6のキーコードです。
エントリ 初期値 説明
K_1 K6_1 1
K_2 K6_2 2
K_3 K6_3 3
K_4 K6_4 4
K_5 K6_5 5
K_6 K6_6 6
K_7 K6_7 7
K_8 K6_8 8
K_9 K6_9 9
K_0 K6_0 0
K_A K6_A A
K_B K6_B B
K_C K6_C C
K_D K6_D D
K_E K6_E E
K_F K6_F F
K_G K6_G G
K_H K6_H H
K_I K6_I I
K_J K6_J J
K_K K6_K K
K_L K6_L L
K_M K6_M M
K_N K6_N N
K_O K6_O O
K_P K6_P P
K_Q K6_Q Q
K_R K6_R R
K_S K6_S S
K_T K6_T T
K_U K6_U U
K_V K6_V V
K_W K6_W W
K_X K6_X X
K_Y K6_Y Y
K_Z K6_Z Z
K_F1 K6_F1 F1
K_F2 K6_F2 F2
K_F3 K6_F3 F3
K_F4 K6_F4 F4
K_F5 K6_F5 F5
K_MINUS K6_MINUS -
K_CARET K6_CARET ^
K_BACKSPACE K6_DEL BackSpace
K_AT K6_AT @
K_LBRACKET K6_LBRACKET [
K_SEMICOLON K6_SEMICOLON ;
K_COLON K6_COLON :
K_COMMA K6_COMMA ,
K_PERIOD K6_PERIOD .
K_SLASH K6_SLASH /
K_SPACE K6_SPACE Space
K_ESC K6_ESC ESC
K_HANZEN K6_UNKNOWN 半角/全角
K_TAB K6_TAB Tab
K_CAPSLOCK K6_UNKNOWN CapsLock
K_ENTER K6_RETURN Enter
K_LCTRL K6_CTRL L-Ctrl
K_RCTRL K6_CTRL R-Ctrl
K_LSHIFT K6_SHIFT L-Shift
K_RSHIFT K6_SHIFT R-Shift
K_LALT K6_GRAPH L-Alt
K_RALT K6_GRAPH R-Alt
K_PRINT K6_UNKNOWN PrintScreen
K_SCROLLLOCK K6_CAPS ScrollLock
K_PAUSE K6_KANA Pause
K_INSERT K6_INS Insert
K_DELETE K6_DEL Delete
K_END K6_STOP End
K_HOME K6_HOME Home
K_PAGEUP K6_PAGE PageUp
K_PAGEDOWN K6_MODE PageDown
K_UP K6_UP
K_DOWN K6_DOWN
K_LEFT K6_LEFT
K_RIGHT K6_RIGHT
K_P_0 K6_P0 0(テンキー)
K_P_1 K6_P1 1(テンキー)
K_P_2 K6_P2 2(テンキー)
K_P_3 K6_P3 3(テンキー)
K_P_4 K6_P4 4(テンキー)
K_P_5 K6_P5 5(テンキー)
K_P_6 K6_P6 6(テンキー)
K_P_7 K6_P7 7(テンキー)
K_P_8 K6_P8 8(テンキー)
K_P_9 K6_P9 9(テンキー)
K_NUMLOCK K6_UNKNOWN NumLock
K_P_PLUS K6_PPLUS +(テンキー)
K_P_MINUS K6_PMINUS -(テンキー)
K_P_MULTIPLY K6_PMULTIPLY *(テンキー)
K_P_DIVIDE K6_PDIVIDE /(テンキー)
K_P_PERIOD K6_PPERIOD .(テンキー)
K_P_ENTER K6_PRETURN Enter(テンキー)
K_YEN K6_YEN \
K_RBRACKET K6_RBRACKET ]
K_UNDERSCORE K6_UNDERSCORE _
K_MUHENKAN K6_UNKNOWN 無変換
K_HENKAN K6_UNKNOWN 変換
K_HIRAGANA K6_KANA カタカナ/ひらがな
K_BACKSLASH K6_YEN BackSlash
K_RMETA K6_UNKNOWN L-Windows
K_LMETA K6_UNKNOWN R-Windows
K_MENU K6_UNKNOWN Menu

P6Tファイルフォーマット
P6Tイメージファイルは「ベタイメージ+フッタ」で構成されます。
ベタイメージは P6DatReq で吸出したデータそのものです。
フッタにはイメージ情報と複数のDATAブロック情報が含まれます。
DATAブロックは「無音」「ぴー」「がー」をセットで1ブロックと数えます。
BASICなど「ヘッダ部+データ部」という構造の場合,2ブロック構成となりますが
ID番号を同一にすることで関連付けて管理できます。

P6Tイメージファイル
ベタイメージ
フッタ
イメージ情報
DATAブロック(0)


DATAブロック(x)
ベタイメージサイズ(4byte)

イメージ情報 (サイズ:可変)
Offset Size(byte) 内容
0000H 2 識別子 "P6"
0002H 1 バージョン (現在はVer.2)
0003H 1 含まれるDATAブロック数(255個まで)
0004H 1 オートスタートフラグ(0:無効 1:有効)
0005H 1 BASICモード(PC-6001の場合は無意味)
0006H 1 ページ数
0007H 2 オートスタートコマンド文字数
0009H x コマンドがある場合はこの後に(0007H)分続く
0009H+x 2 拡張情報サイズ(64KBまで)
000BH+x y 拡張情報がある場合はこの後に(0009H+x)分続く
DATAブロック (サイズ:11H)
Offset Size(byte) 内容
0000H 2 識別子 "TI"
0002H 1 ID番号(DATAブロックを関連付ける)
0003H 16 データ名(15文字+'00H')
0013H 2 ボーレート(600/1200)
0015H 2 無音部の時間(ms)
0017H 2 ぴー音の時間(ms)
0019H 4 ベタイメージ先頭からのオフセット
001DH 4 データサイズ

D88ファイルフォーマット
この情報は ぶるー牧場 から転載させていただきました。
D88イメージファイル
ヘッダ部
トラック部 (TRACK 0)
セクタ部(SECTOR 1)


セクタ部(SECTOR x)
トラック部 (TRACK 1)


トラック部 (TRACK 163)
複数ディスクの場合,これらのファイルを連結します。
【注】PC6001Vは複数ディスクには対応していません。

ヘッダ部 (サイズ:2B0H)
Offset Size(byte) 内容
0000H 17 ディスクの名前(ASCIIZ)
0011H 9 リザーブ( 00H )
001AH 1 ライトプロテクトフラグ ( 00H:なし, 10H:あり )
001BH 1 ディスクの種類 ( 00H: 2D, 10H: 2DD, 20H: 2HD )
001CH 4 ディスクのサイズ
0020H 4 * 164 トラックデータテーブル (0-163 tracks)
トラック部(サイズ:可変)
セクタ部を必要数連結したもの
セクタ部 (サイズ:可変)
Offset Size(byte) 内容
0000H 1 IDのC
0001H 1 IDのH
0002H 1 IDのR
0003H 1 IDのN
0004H 2 このトラックに存在するセクタの数
0006H 1 記録密度( 00H: 倍密度, 40H: 単密度 )
0007H 1 DELETED DATA
 ( 00H:ノーマル 10H:DELETED DATA )
0008H 1 ステータス ( 00H:ノーマルエンド,
 その他エラー[DISK BIOSが返すステータス])
0009H 5 リザーブ ( 00H )
000EH 2 セクタのサイズ
0010H 可変 (000EH)で示したサイズ分のデータ


NEC
PC-6000 Series
Emulator